司法書士試験の結果は解答速報で確認【苦手とする分野を把握】

学歴不要で誰でも受験可能

教材

短答式と論文式の試験

合格するのが難しいとされる難関資格がいくつかありますが、公認会計士は司法試験などと並んで最難関の一つとされています。受験するためには特に学歴などは必要なく、誰でも受験することができます。高校を卒業して専門学校に通って受験を目指す人もいますし、大学などに通いながら、社会人になって働きながら勉強して取得する人もいます。ただ難関なので独学で合格まで達するのは非常に難しいです。取得のための学校を利用するのが一般的です。公認会計士の資格を取得するためには、まず短答式と呼ばれる試験を受けて合格する必要があります。マークシート方式で行われる試験で、科目選択などはありません。また科目合格などもないので、一度の試験で合格点を取る必要があります。短答式の試験は1年に2回あるので、そのうちのどちらかで合格すれば次の論文式の試験に移ることができます。短答式の試験に合格すると、それ以降2年間は短答式試験を受けることなく論文式の試験を受けられます。公認会計士の資格には短答式の他に論文式があり、短答式とは異なるスタイルになります。必須科目4科目と選択科目1科目があり、すべてに合格すれば公認会計士の資格が取得できます。論文式試験では科目合格が認められるので、一度にすべての科目に合格する必要はありません。一度合格すると2年間はその科目は免除してもらえます。論文式は1年に1回3日に渡って行われるハードな試験です。科目合格制度をうまく利用して合格を目指すといいかもしれません。

Copyright© 2018 司法書士試験の結果は解答速報で確認【苦手とする分野を把握】 All Rights Reserved.